1-1.乳酸菌に関する機能性食品の分類

乳酸菌発酵エキス

乳酸菌に関連する機能性食品は、プロバイオティクス、バイオジェニックスおよびプレバイオティクスに分類できます。

プロバイオティクスは、「十分な量を投与すれば宿主の健康に利益を与える生きている微生物
と定義されています。

すなわち、プロバイオティクスには、ヒトや動物に良い効果を示す生菌しか含まれず、乳酸菌の死菌やその産生物質は含まれません。

 

一方、バイオジェニックスは、腸内細菌研究の第一人者である東京大学名誉教授の光岡知足先生によって提唱された造語です。

すなわち、バイオジェニックスとは、「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分や分泌物が腸管免疫を刺激し、腸内フローラに好影響を与える食品」であり、さらに「免疫活性によって全身の健康にも寄与する食品」のことです。

なお、オリゴ糖や食物繊維などのプレバイオティクスは、腸内フローラを整えることで間接的に免疫活性を促すことができるので、バイオジェニックスにも含められます。

 

プロバイオティクスとバイオジェニックスの違い

プロバイオティクスの概念を着想したのは、ロシアの微生物学者:イリヤ・メチニコフ博士(1845-1916)です。

イリヤ・メチニコフ博士は、乳酸菌は生菌・死菌のどちらでも効果があると指摘していました。

100年以上前に、死んでしまった乳酸菌にも良い効果があることは知られていたわけです。

 

ところが従来、健康効果があるものとして、プロバイオティクスとプレバイオティクスの摂取が推奨されてきました。

これは、乳酸菌が生きたまま腸まで届き、そこで増殖することで、腸内フローラが改善されると考えられてきたからです。

しかし、乳酸菌はそのほとんどが死菌であっても免疫活性を示し、乳酸菌の分泌物にも免疫活性があることが判りました。

すなわち、菌体成分や分泌物を濃縮したものが、生きた菌をまったく含まないものであっても、優れた免疫活性を有することが判りました。

プロバイオティクスは生きた微生物であり、その効果は当然生きた微生物による効果に限定されます。

これに対して、バイオジェニックスは死菌や乳酸菌の分泌物も含みますから、その効果は「死菌や分泌物による効果」にも及びます。

なお、我々の体内には棲んでいる乳酸菌のほとんどはビフィズス菌です。
乳酸菌とビフィズス菌を区別する分類法もありますが、ここではビフィズス菌は乳酸菌の一種として取り扱っています。

 

機能性食品の新時代が到来

生菌を多く取ろうとすると、ヨーグルトや乳酸菌飲料の大量摂取が必要です。
ところが、乳酸菌の多くは死菌であっても免疫活性作用があり、死菌でも構わなければ濃縮することができるので大量摂取が極めて容易です。

また、乳酸菌の分泌物に関しては、長期間発酵させ加熱処理などの処理をすることにより、錠剤化、カプセル化なども可能なので薬剤としてあるいはサプリメントとして利用することもできます。

そうすれば、「兆」を超える単位の菌体が簡単に摂取でき、乳酸菌分泌物(すなわち乳酸菌発酵エキス)の大量摂取も容易になります。

@hiro
@hiro
乳酸菌発酵エキスには、バイオジェニックスの代表的な物質として大きな期待が寄せられています。
プロバイオティクスから始まった日本の機能性食品の研究は、
バイオジェニックス、とくに乳酸菌発酵エキスへとたどり着いたことで、
今、新時代の幕が拓いております。
タイトルとURLをコピーしました