1-2.  乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスの代表格です

乳酸菌発酵エキス

乳酸菌発酵エキスとは、ヒトの腸内で善玉菌が作り出している分泌物のことです。

我々の腸内では、善玉菌が糖を分解し発酵させることにより分泌物を作り出しています。
この善玉菌の分泌物は、短鎖脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミンB群を始めとする多数の有用物を含んでいます(この分泌物を乳酸菌発酵エキスと呼びます)

これまでは、この乳酸菌発酵エキスの分泌を促すものとして、乳酸菌をたくさん含むヨーグルトや乳酸菌飲料の摂取が推奨されて参りました。
すなわち、生きた乳酸菌(プロバイオティクス)を摂取すれば、生きて腸にまで届き、そこで乳酸菌発酵エキスを分泌すると考えられていました。

ところが、胃酸などで死滅させられることなく腸まで届いた乳酸菌は、腸に定着することができず数日で排出させられることが判りました(この乳酸菌は通過菌と呼ばれます)
また、腸まで届いた乳酸菌は、死菌であっても腸内で有用な働きをすることが判りました。

さらに、善玉菌が作り出す乳酸菌発酵エキスは、腸内フローラを介することなく身体に直接作用して健康に寄与することができるばかりではなく、善玉菌をより効率的に育てることも判りました。

乳酸菌研究の第一人者である東大名誉教授の光岡知足博士は、乳酸菌発酵エキスを推奨し、乳酸菌発酵エキスに代表される機能性食品をバイオジェニックスと定義いたしました。

このような背景から、乳酸菌発酵エキスは日本薬学会や数々のメディアをはじめ、今や多くの者が注目するようになりました。

 

すなわちバイオジェニックスとは、「死菌を含めた乳酸菌の菌体成分や分泌物が腸管免疫を刺激し、腸内フローラに好影響を与える食品」「免疫活性によって全身の健康にも寄与する食品」のことです。

なお、乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスの代表格ですが、乳酸菌発酵エキス=バイオジェニックスと称する場合もあります。

下表のとおり、バイオジェニックスは腸内フローラを介することなく身体に直接作用することもできます。
この点で、腸内フローラを介してしか働くことができない、プロバイオティクスやプレバイオティクスとは大きく異なります。
3者の違いを示す一覧表biogenics2

上記表中、乳酸菌生産物質は乳酸菌発酵エキスと同一のものです。

biogenics01 biogenics02 biogenics5

 

プロバイオティクスとは、人の健康に働きかける生きた微生物(細菌や酵母など)のことです。

ところが、プロバイオティクスは上述のとおり、胃酸などによりほとんど死滅させられてしまいます。
腸に到達したときには、乳酸菌のほどんどは死んでいるわけです。
万一、小腸・大腸にまで到達できても、先住民である善玉菌によそ者として排除されるため、通過菌としてそのまま排出されます。

もっとも死んだ乳酸菌も、無駄になるわけではありません。
死菌も、ヒトの健康に働きかけることができます。

実際に、加熱処理した乳酸菌がサプリメントとして利用されています。
ただし、生きた菌ではないため、プロバイオティクスの範疇には含まれません。

対して、乳酸菌発酵エキスは、腸内フローラを介さずとも多種・多様な働きを体にもたらす食品成分なのです。

乳酸菌発酵エキスは、体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活発化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らす働きがあります。
また乳酸菌発酵エキス自体が、善玉菌をより効率的に育てます。

したがって、乳酸菌発酵エキスこそが、
「生活習慣病や老化の防止に有望だ」
という考え方が広まりつつあります。

乳酸菌発酵エキスは、
直接腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、
腸内フローラにも良い影響を与えます。

 

この乳酸菌発酵エキスは、
人間の健全な腸内環境を人為的に作り出した環境下、
つまり“研究室や工場”で作りだすことができます。

すなわち、乳酸菌発酵エキスは体外で作り出すことができます。

 

バイオジェニックスの機能性食品としての作用機序

上述の免疫機能の活発化(=免疫刺激)による体全体の機能活性は、
下図のような作用メカニズムで表すことができます。

biogenics

バイオジェニックスを中心に捉えてみると、腸内フローラ改善と免疫刺激が、相互に影響し合いながら生体機能活性を高めていくことが分かると思います。

 

乳酸菌発酵エキスは、
プレバイオティクスやプロバイオティクスとは違って、
これまでの腸内フローラ改善だけに留まらない生体機能活性をもたらす特性を有しています。

 

乳酸菌発酵エキスは、プロバイオティクスの進化した形であり、
プレバイオティクスなどと組み合わせて摂取することにより、
生活習慣病予防や代替医療、健康維持、長寿に貢献いたします。

タイトルとURLをコピーしました