1-5.  腸内フローラと乳酸菌発酵エキスの関係

乳酸菌発酵エキス

「腸内フローラ」は常に善玉菌優勢であることが望ましい……

とはいっても、
加齢や現代的食事習慣のもと
善玉菌優勢の腸内を維持するのは簡単なことではありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?!

 

乳酸菌発酵エキスについて

腸内フローラに住んでいる乳酸菌やビフィズス菌は、
日々、ヒトの健康に寄与する成分を作りだしています。
この代謝産物を乳酸菌発酵エキスと呼びます。

本来は人間の営みとして体内で作られる「乳酸菌発酵エキス」ですが、
これを体外で効率良く作り出す試みが行われております。

もし、体外で作り出すことができれば、
人間の腸内フローラを常に正常に維持したり、
病気や老化により劣化した腸内フローラの修復を助けることができます。

 

腸内フローラにおける乳酸菌発酵エキスのはたらき

乳酸菌発酵エキスを摂取すれば、
善玉菌が不足していても、
腸内フローラを正常化することができ、
腸内フローラの力を借りずに人間の細胞に直接働きかけ、
健康を回復維持することができるとも考えられています。

腸内フローラにおいては細菌同士が常に共棲状態にあり、
ヒトの腸に付着して腸壁との共生関係も保っています。

その代表的な善玉菌種がビフィズス菌です。

腸内においては数種類の善玉菌が共棲しており、
その共棲グループ同士が力関係を維持して良好な腸内環境を作り出します
(今風に言えば「善玉菌のシェアハウス」!?)

この運命共同体ともいえる腸内細菌の世界は、
ヒトが生まれた時から死に至るまで、
その場所に定住するグループなので、
後から新しい菌種(同一の菌種であっても)が参加することはできません。

しかし、乳酸菌発酵エキスは生き物ではありませんから、これに加わることができます。

すなわち、体外で限りなく腸内に近い環境で、数種の乳酸菌グループを共棲培養させて得られた「代謝産物や菌体成分(死菌)」を、
腸内フローラに参加させることができるのです。

これらは腸内フローラに良い影響を与える一方で、直接腸壁から体内に吸収されます。

 

善玉元気は短鎖脂肪酸を含む乳酸菌発酵エキスを独自配合した乳酸菌サプリです

善玉元気によれば、食生活などの生活バランスの乱れや加齢により減少してしまう乳酸菌発酵エキスを補うことができます。

56種類もの選び抜かれたエリート善玉菌を共棲培養したので、免疫力向上などの直接的な健康効果とともに、理想的な腸内環境を取り戻すことができます。

乳酸菌発酵エキス以外にも、プレバイオティクスを始めとするエイジングケアエキスを5種類も配合しております。

シニアソムリエの監修により、美味しいゼリータイプに仕上げました。

乳酸菌発酵エキス

株式会社光英科学研究所 村田公英|KENJA GLOBAL

乳酸菌に人生を 懸けた男今でこそ馴染みある存在となった乳酸菌も、かつてエビデンスのないそれに対して、世間の目は厳しかったという。そんな時代から「乳酸菌で世の人々を健康にする」という夢を背負い、その道を歩んできた賢者。業界で注目される存在となった今も「やれるところまでやってやる!」と熱っぽく語る。

サプリメントアドバイザー@hiroをフォローする
乳酸菌発酵エキスはバイオジェニックスに分類される乳酸菌サプリです
タイトルとURLをコピーしました